借金生活からの脱却

わらべうた > 暮らし > 借金生活からの脱却

借金生活からの脱却

そもそも、自己破産を申請するまで個人に直接の電話を使用しての取り立てと、住所への直接訪問による徴集は法律違反ではないということなのです。

自己破産に関する手順に進んで以降、実行までに時間があった場合には債権者は強硬な収集をするリスクがアップします。

債権保持人側からすると債権の支払いもすることなくさらに破産などの法的な手続きもされない状態であるとグループ内で対応を遂行することができなくなります。

また、債権保持者の一部は有資格者につながっていないと気づいたなら大変強引な返済要求行動をしてくる会社も出てきています。

司法書士法人か弁護士法人にアドバイスを求めた場合には、各債権保有人は当人に関する直接要求をすることが不可能となります。

要請を受けた司法書士の担当者もしくは弁護士法人は仕事を任されたという内容の書類を各取り立て屋に送付することとなりそれぞれの債権者がその通達を受け取ったのなら依頼者は取り立て屋からの厳しい徴集から解放されるということになります。

付け加えると、仕事場や父母宅へ訪問しての返済請求は貸金業法の規程で禁止となっています。

登録を済ませている会社ならば勤務先や親の自宅へ行く返済請求は貸金に関する法律に抵触するのを把握しているので違反だと伝達すれば、そういう類の収金を継続することはないでしょう。

破産に関しての手続き後は、破産者に対する返済請求を含めて、例外なく徴集行為は認められなくなります。

それゆえ債権者による徴集がまったく消えてなくなることとなります。

しかしながらたまに違反と分かっていて接してくる取り立て企業も存在していないとは思えません。

貸金業で登録済みの業者であれば、自己破産に関しての手続きの後の集金が貸金業法規制法の規程に反するのを気づいているので、言えば、集金をし続けることはないと言っていいでしょう。

しかし、違法金融と呼ばれている不許可の業者に限ってはこの限りにはならず法外な取り立てのせいで被害が減少しない状況です。

違法金融が取り立て企業の中に存在する場合は必ず弁護士の会または司法書士の方などの専門家に救いを求めるようにする方がいいといえます。


関連記事

  1. フラッシュモブでサプライズ
  2. 借金生活からの脱却
  3. 仕事が非常に丁寧