ショートカットは夜の世界との決別

わらべうた > ニュース > ショートカットは夜の世界との決別

ショートカットは夜の世界との決別

20代の頃いわゆる水商売をしていた。キャバクラからパブ、スナックと渡り歩いた。そのため髪型はショートは厳禁だった。私の柔らかい猫毛はロングヘアの方が客受けがいいからだ。子供の頃はいわゆるオカッパ、年頃になってからはロング。いつかショートにしたいと思い続けた。30代になりついに昼職一つにした時に念願のショートヘアにした。髪が切られるたびに私は夜のしがらみから解放されていく気分が強くなった。ショートヘアになり、美容院を出た時に完全に夜の世界から解放されて自由になった気がした。 本厚木 脱毛

関連記事

  1. ショートカットは夜の世界との決別
  2. 応募は4月6日まで